So-net無料ブログ作成

体内の余計なお肉、脂肪細胞を燃やすには? [脂肪燃焼]

スポンサードリンク




体内の余計なお肉、脂肪細胞を燃やすには?

 
 

体の余分なお肉=脂肪、という概念は
あなたもお持ちでしょう。

 
 

体のお荷物(余分なお肉)の脂肪は

「白色脂肪細胞」と
「褐色脂肪細胞」の
二種類が脂肪細胞にはあって、
それぞれ違う働きを担っているのね。

 
 

合成脂肪.jpg

 
 
 

一度出来たら削除し難いのが白色脂肪細胞で
通常「脂肪」として認識されているものね。

 
 

この白色脂肪細胞は、
体内で消費しきれずに余ったエネルギーを
中性脂肪として脂肪細胞に蓄える働きがあり
所謂
脂肪太りの原因となる細胞で
皮下や内臓の周囲に多く寄生して居るのね。

 
 

元々は
思春期の終わりまでに一生分の脂肪細胞の量が
設定されると考えられていた様だけど
更なる研究の結果
思春期が終っても脂肪が体内に満杯になれば、
新たに細胞を増殖して
脂肪を取り入れる事が分かって来たのよ。

 
 
 

なので
この白色脂肪細胞が肥満の犯人と言う訳ね。

 

それに対して
褐色脂肪細胞と言うのは
太る原因の脂肪を減少させる驚異的な機能があり
脂肪細胞なのに
その脂肪を燃やしてエネルギーを消費する事が
期待されている脂肪ね。

 
 

白色が有害脂肪で
褐色は有益脂肪って訳ね。

 

成人では
首回り
肩甲骨付近
腎臓の周り
胸部大動脈周辺に
少量存在しているだけなのね。

 
 
 

白色脂肪細胞と同じ脂肪なのに
なぜ褐色なの?

 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/



<スポンサードリンク



スポンサーリンク<br />

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント