So-net無料ブログ作成
スマホ依存症 ブログトップ

スマホで身体の意外な所がストレスを感じている? 変化する「仕事の仕方」。 [スマホ依存症]

スマホで身体の意外な所がストレスを感じている?   変化する「仕事の仕方」
 
 
 
 
 
「本当にリモートワークで生産性が上がるのか?」
なんて議論が捲き起こる位にまで普及したリモートワークだが
会社の外で働く事すらも10年前には考えられなかったでしょう。

この10年間で「仕事の仕方」にはどのような変化があったのか。
10年前と2018年現在を比較してみましょうね。
 
この10年で変わった「仕事の仕方」

2008年といえば
リーマンショックの影響で終身雇用制度が
本格的に終わりを迎えた年でもあるのね。

就職をすれば安心という感覚は無くなり
その感覚は「仕事の仕方」にも影響したのよ。
 
2018年
会社以外の場所で仕事をしたり
一つの企業へ所属しながら複業したり
勤務の形態や時間を自分で選んだり
より個人がそれぞれに合った仕事の仕方を
選択できる様になったのね。
一言で言うと仕事の仕方の多様化なのね。
 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして見てね
http://unpy72636.wp-x.jp/2018/09/10/1228/

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

スマートフォンやパソコンを半時間以上使用すると口臭が強くなる!? [スマホ依存症]

スマホ使用中は口臭が強くなるので要注意!

 

20~30代の十人のうち
9人はスマホ癖のある昨今だが
意外と知られていないのが
スマホ使用中は口臭が強く成り易いとのこと。

 

 

理由は

口臭専門クリニック院長で歯学博士の中城基雄先生の解説によると

前かがみ姿勢等が原因で唾液不足になり
口臭発生菌の「嫌気性菌」が増殖する結果
口のニオイが臭くなるそうよ。

 

 

スマホを熟視している時のうつむいた体勢は
舌下腺、顎下腺という唾液を出す部分を圧迫してしまう

更に
常時スマホ画面を凝視している事で、
交感神経が優位になってしまい
また
誰とも会話しないので
顎を全く動かさず唾液腺が刺激されないのね。

 

 

そうすると
唾液が出難くなり
唾液不足の状態が続くと、
口臭発生菌の“嫌気性菌(=臭いを生成する細菌)”
を増殖させてしまうのよ。

 

 

そのため
スマホを見る状態を30分以上続けた場合
臭気が発生した口内環境になってしまうのね。

 

 

 

 

 

スマホのみならず
パソコン操作も
モニター画面はスマホより大きいとは言え

前かがみ姿勢で画面を熟視し続ける事
終始無言で顎を動かさない事
椅子に長く座り込んでいる事
等では同じなので
口臭発生原因になるのよね。

 

 特に
事務系職は
仕事開始の朝から退社の夕刻まで
座りっぱなしの姿勢なので
お尻から下半身にかけて
圧迫され続けているでしょ。

 

 

血行が著しく悪くなる状態なのよね。

 

 

ショッピンも終日
一人寂しくパソコンを相手にしているので
目の酷使
口の衛生管理
及び長時間坐位でのエコノミー症候群による下半身の硬直は
特に気を配っているのね。

  

なので
目の前にアラームクロックを置いて
2時間毎にズズズーーーてアラームが鳴るのね。

そしたら
作業を中止してやる事は・・・

 

 記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

スマホ依存症による自律神経失調症での筋肉頭首痛等の怖い症状? [スマホ依存症]

スマホ依存症による自律神経失調症での筋肉頭首痛等の怖い症状?




ニールセンの調査によると2016年4月でのスマホの使用者数は約4500万人、
日本の全人口の三分の一程度が所有者で
暇さえあれば、っていうより

目と手が空いていれば必ずカチャカチャとせわしなく
手先を動かしているのが現状ね。



これを「スマホ依存症」って呼び
スマートフォンの普及が進むにつれ
新たな現代病が日本に蔓延してきているのね。


合成肩こり.jpg





あなたは自分がスマホに依存しすぎていない・・・と断言できるの?

以下の症状があれば、もう間違いなく「スマホ依存症」だよ。




■ 依存、禁断症状
スマホ依存症患者の殆どが、自分はスマホに依存しているとは思っていない。

 しかし
・仕事中でも勉強中でも家事の合間などでも
 SNSやサイトなどの更新状況が気になる。

・入浴中や用足しの際も肩身離さずスマホをいじっている。
・充電切れ、電波の圏外にいるとイラつく。
・個人用スマホの利用時間が1日5時間以上。
・外を歩きながらもスマホをいじくりまくってる。



以上は
スマホ依存症の典型的例で
スマホが身近にない状態になると
不安感が増大する様であれば
正しく禁断症状の表れだと言えるでしょう。



麻薬依存者が
ヤクが切れると禁断症状が出るのと同じね。





■ うつ病やパニック障害

スマホがコミュニケーションの主手段になるにつれて
ネット上だけでの人間関係が盛んになり
実生活での人との交際が少なくなっている人が増えてるのね。


つまり
引きこもり症状、重い依存症によってうつ病やパニック障害
自律神経失調症などを引き起こす原因にもなるのよ。





■ 筋肉痛、肩こり、頭痛、血行不良の症状

スマホ姿勢の特徴はは
背中が丸まって猫背になってしまう。

猫背は見た目が悪いだけでなく
肩こり、筋肉痛、頭痛、血行不良等を誘発するので
体調が悪化してしまい
その結果
胃酸過多、生理痛、便秘になってしまうのよ。





■ スマホネック

スマートフォンを使用中の首の形を言うのね。
頭を下に向けて首を傾斜している状態を
長期間反復継続する事によって
首の痛みをはじめとし
肩こりや頭痛、吐き気、手のしびれ、眩暈(めまい)等の
症状を訴える人が増えているのよ。


これがさらに悪化した場合
手の痛みや脱力を起こしたり
ワイシャツのボタンを止めるのに
なかなかボタンバ嵌(は)まらなかったり
階段を降りる時に足がガクガクしたり
所謂脱力症状がでる事もあるので怖いよね。




この後の文中には無料ブログでは表示出来ない
HTML記述が含まれているので
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
左のメニューの【48】のタイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://happyunpy.info/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
スマホ依存症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。