So-net無料ブログ作成
認知症 ブログトップ

認知症の改善には血管を膨張させて血液の流れを促進する!? [認知症]

認知症の改善には血管を膨張させて血液の流れを促進する!?
 
 
 
物忘れ.PNG
 
 
TBSのテレビ番組で
「認知症の妻を認知症の夫が介護、認認介護、急増の恐れ!」
と言う情けない題名のドキュメンタリー番組を視聴したのね。

2030年迄には
8人に一人が認知症患者になると言う頂けない結果が出ているそうよ。


霞ヶ関官僚が分類化した後期高齢者部類では
今度の医療費改悪により
この様な人達に対する政府の助成金¥13,000が¥9,200に減額される。
 

生活も介護も益々苦しく難(むずか)しくなるのが見え見えだよね。
テレビで見た認知症の夫婦も通常のお年寄りと外見は全く変わらない。
しかし
ショッピンの見た感じでは
一つだけ正常の老人と大きく違うところがあったのね。
 

それは
歩行の仕方よ。
認知症患者の特徴として
歩き方が両足を引きずる様にして歩くのが特徴の様ね。
所謂、「すり足歩き」と言うやつ。すり足歩行ね。
 
 
すり足歩行.PNG
正常な人間は先ず踵から着地する歩き方で歩いている
即ちやや幅広の速歩で足を前に振り出す事により
つま先は上を向いて踵から地面に着地する。
 
 
歩行練習.PNG
 
この「踵(かかと)先着歩行は脳を可成り刺激しているのね。
足が活発に動いている間は
頭脳も比例して活動している
何故なら
歩行運動により血流が促進され
脳内の毛髪程の超細い毛細血管においても
血行が活発になり
それだけ
頭脳に酸素と栄養素を供給している訳ね。
だから
お年寄りでも元気に歩く人には認知症患者はいない。
 

すりあし歩行では
脳への刺激は殆ど発生しないので
脳内血管は益々硬化萎縮して
脳内の毛細血管は頭脳への刺激を無くし
益々認知症が進む事になるのね。
 
 
 
数年ほど前の事件なんだけど
夜の8時頃に
我が家の玄関で「ただいま」と声がしたと思ったら
見知らぬおばあさんがずかずかと
玄関からリビングルームに入って来たのね。
一瞬何これ!って」思ったけど
ピ―ンと来たのね
あ、認知症の人じゃないかって・・・・・。
 

幸い、首に「迷子札」を下げていたので
直ちに電話で連絡したところ
息子さん夫婦が大急ぎで迎えに見えた。
 

時々、油断した隙に
ふらっと外へでて徘徊する癖があって
その為に迷子札を首に下げているのだと言う。

家族も大変だよね。
気が休まらなくて・・・
面倒見るのも一苦労でしょうね!
自分の家と他人の家の区別が付かないと言う事は
可成りの重症アルツハイマー性だと思ったのよ。
 
 

認知症の原因は
言わば
血管の老化なのよ。
 
 
動脈硬化.PNG
 
 
人間の体内の血管の全長は約10万キロと言われており
地球を二周半回ると同じ位の血管が全身を駆け巡って
酸素や色々の必須栄養を身体の隅々にまで配達している。

血管の材質は柔軟でしなやかさに富み
少しでも多くの血液を循環させる様に成っている。
 
 
血管劣化.PNG
 
 
その血管の柔軟性がなくなり
固くなるのが血管の老化現象!
血管が固くなると
血液内部に中性脂肪やコレステロールが蓄積されて
血管内部が狭くなり
その為血流が悪くなり
更に進むと
血管が詰まってしまう。
 
 

血管つまり
心臓の血管がつまれば
心筋梗塞
脳の血管がつまれば
脳梗塞

血管の老化は様々な病気の要因となり
脳梗塞
脳出血
心筋梗塞
狭心症
高血圧
腎不全
等の合併症を引き起こす原因になるのね。
今や血管の老化による病気が死亡原因の3分の1を占めているのね。
 
 
下の表では
血管老化による動脈硬化が
日本人の死因の30%を閉めているでしょ。
 
 
死因.PNG

今の内から
血管老化に心がける事よね。
血管の老化は加齢だけでなく
日頃の食生活の乱れからも
ドンドン進行しているからね。 
 
 
あなたの健康を維持してくれるのは
他でもない
血管内の血液に有るの。
◎サラサラ血液
☒ドロドロ血液
言うまでも無く
ドロドロ血液は
命を縮める事間違いないわよ!!
 

皮膚は体の一番外側にあるので
毛細血管の状態が直接に反映され
次々と細胞が新しく生まれ変わる
「ターンオーバー」を支えるのが
表皮の下にある真皮層の毛細血管。
 

ここが衰えて血流が悪くなると
酸素や栄養が新しい細胞を作る真皮の現場にまで行き届かず
表皮細胞の新陳代謝が鈍くなり
肌に古い角質が貼り付いて
肌表面がごわごわして来るのね。

フケ、抜け毛、白髪、薄毛など地肌や髪の老化が進み
シワ、たるみ、くすみなど、肌の劣化が進すむのは
この為なのね。
更に
爪も色が悪くなったり
表面がボコボコしたり
割れ易くなっちゃうのよ。
 

毛細血管は年とともに減少するけど
血液がしっかり流れる事で
蘇り易くなるので
毛細血管を復活させ増やすためには
毛細血管に迄血流が行く様にする事と
血流自体をアップする事が一番大事なのね。

その為には
副交感神経を優位にして
毛細血管を開く時間を確保する事が大切で
ストレス対策をしっかりした上で
正しい睡眠を取る事によって実現可能なのよ。
 
 
血管の原料となる食事や
血流を上げる為の適切な運動や入浴も欠かせないわよ。
]
因みに
下の画像が
ショッピンの血管年齢調査結果ヨ。
血管年齢.PNG
77点
平均点58.16点



nice!(2)  コメント(0) 

アラフォーから始まる物忘れは脳の認知機能の衰え!? [認知症]

アラフォーから始まる物忘れは脳の認知機能の衰え!?


「あれ何処に置いたっけ?」や
「おやあの人なんたっけ?」といったような
「うっかり」や「もの忘れ」が
年をとるにつれ比例して増えたと
感じる事ってあるでしょ?

 

そんな現象は
加齢による「脳の認知機能の衰え」なので
放置すると増々脳梗塞がひどくなり
物忘れが加速して認知症に発展する危険が大きいので要注意よね。

 

40歳を過ぎると7割以上が、
「うっかり」や「もの忘れ」が増えたと
自覚している事がヤフーの調査で出た様ね。

 

特に
「人の名前が出てこない」という回答が最も多く約3割
「言いたい言葉が出てこない」が次で2割弱。
「あの人の名前、なんだっけ……」。
「ほら、あれよ、あれ……」。
そんな言葉が口癖になって来ると危険信号ね。

 

以前のブログで書いたけど
私達は呼吸で酸素を肺に取り入れて
そこから血管を通じて体内の各器官に
必要な栄養素と一緒に
酸素も供給されている訳だけど
同時に酸素は老化の元凶でもある両刃の剣なのよね。

 

金属が酸素によって赤く錆びる様に
人間の身体も酸素によって錆びて行く。

 

その中でも
脳は最も酸素を消化する器官なので
酸素の供給が少しでも滞ると
途端に影響を受けるのね。

 

 

「うっかり」や「もの忘れ」の原因は
加齢による「脳の認知機能の衰え」!?

 

と言われれけれども
その原因は、
物事を記憶・判断・理解する際に使われる重要な機能「脳の認知機能」が
加齢によって低下してしまうから・・・

 

加齢とともに衰えてしまう「認知機能」は
「神経伝達物質」にある。

 

神経伝達物質は
脳内に無数に存在する「神経細胞」によってやり取りされ
様々な情報や体内への指令を伝達する事で
認知機能を働かせている。

 

しかし
神経伝達物質は加齢によって減少してしまうため、
神経細胞の働きが鈍化して情報の伝達が上手くいかなくなり、
認知機能の衰えを引き起こしてしまい
結果
脳に情報を蓄積したり
引き出したりする事が困難になり、
「うっかり」や「もの忘れ」が増えるようになる。



ここまでの説明を受ければ
あなたも「なるほど、そうなんだ・・・」って思うでしょ。

 


記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/


nice!(0)  コメント(0) 

認知症の介護は超大変なご苦労! 踵ファースト歩行で血管年齢を若返らせよ! [認知症]

認知症の介護は超大変なご苦労! 踵ファースト歩行で血管年齢を若返らせよ!
 
テレビの番組で
「認知症の妻を認知症の夫が介護、認認介護、急増の恐れ!」
と言う情けない題名のドキュメンタリー番組を観たのね。 

2030年迄には、8人に一人が認知症患者になると言う
なんとも頂けない結果が出ているそうよ。
 
医療費改悪により
この様な人達に対する政府の助成金¥13,000が¥9,200に減額されるので
生活も介護も益々苦しく難しくなるのが見え見えだよね。

テレビで見た認知症の夫婦も通常のお年寄りと外見は全く変わらない。
しかし、見たところ一つだけ正常の老人と大きく違うところがあるのね。

それは
歩行の仕方。
 
認知症患者の特徴として
歩き方が両足を引きずる様にして歩くのが特徴ね。
所謂、
「すりあし歩き」と言う「すり足歩行」

 
正常な人間は先ず踵から着地する歩き方で歩いているでしょ。
 
即ち
やや大幅の速歩で足を前に振り出すことにより
つま先は上を向いて踵から地面に着地する。
 
 
今の流行語で言えば「踵(かかと)ファースト」ね。
 
 

 
 
 
 
この歩行方法により脳を可成りに刺激しているのね。

足が活発に動いている間は、頭脳も比例して活動している。
 

何故なら、
正常な歩行運動により血流が促進され
脳内の毛髪程の超細い毛細血管に於いても
血行が活発になり
それだけ、頭脳を刺激しているからなのね
 
なので
お年寄りでも元気に歩く人には認知症患者はいないでしょ。

「すりあし歩行」では
脳の刺激は全く発生しないので
脳へ送られる血流は増々減少し
その結果
栄養や酸素は増々不足し
脳内血管は益々硬化萎縮して
脳内の毛細血管は頭脳への刺激を無くし
認知症が進む訳よね。
 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
左のメニューの【78】のタイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://happyunpy.info/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アッフィリエイトビジネスの
基本を教わった
ショッピンのメンター
七海志歩先生を
紹介するね。

元歯科衛生士の女性が
独立後わずか1年で月収1000万円稼いだ秘密

◆はじめに
2008年の3月31日
私はリストラされました。

当時私が歯科衛生士として勤めていた
東京の歯医者さんで
自主退職を求められたのです。
当時
私は23歳でした
社会に出てまだ2年目です。

国家資格である歯科衛生士の資格もとって
専門学校で研修もしっかり受けて
初めての就職をして・・・
やっと生活の基盤も安定し
新しい趣味でも探して人生楽しむぞ!
と思っていた矢先の事でした。

その時に私は初めて気付きました。
会社に勤める=安定、ではないと言う事を。

私の中学校の時の先生は
「将来いい会社に入る為に
今は一杯勉強しなさい」
と言いました。

私の母親も、
「いい会社に入れば
一杯給料が貰える」
と言いました。

私の父親も、会社に勤めています。
私の3つ上の従妹のお兄さんも
会社に就職しました。

ですので
私は、
将来は会社に就職して
お給料を貰うのが当たり前だと思っていました
それが将来生きていくのに一番いい方法だから
みんなそうしているのだろうと思っていました。

ですが
社会に出た私は
たった2年で、収入が途絶えてしまったのです。

続きは
以下の動画で見て見て・・・
http://saitokazuya.net/ad/1723/470526

nice!(0)  コメント(0) 
認知症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。