So-net無料ブログ作成
脂肪燃焼 ブログトップ

脂肪体質(肥満体質)と瘦せの大食いと違いは何処!? [脂肪燃焼]

 

   

 

 

 

最近

「肥満体質」 

「ヤセ体質

の人の違いが 体質的に証明された事を知ってる!? 

 

 

摂った分だけ贅肉がたっぷりついてしまう肥満体質 と 

運動や食事制限をしなくても

 スラッとした体型が維持できる痩せ体質の人・・・。

 

 

 これは 

生来の体質の違いではなく 

身体の「腸」に原因がある事が解明されたのね

 

 

 実は アメリカのワシントン大学の

 ジェフリー・ゴードン博士率いる研究チーム が

 太らない体質を作る為の研究結果を発表して世界に衝撃を与えたのね。 

 

 

肥満体質の人は何故、痩せにくく、太りやすいのか・・・? 

実は

『腸』に原因があって 

“腸内フローラ”」という腸が最善状態になる事が 

肥満体質 と

痩せ体質に

関係していると言う事が 明らかになったのね。 

 

 

この事は 科学分野で有名な雑誌 

「nature」 

「science」でも紹介されたんだとか! 

 

 

実際正しく

 腸内フローラを整える事が出来た人が

 次々とダイエット成功を報告しているので 

本当に痩せるみたいなのね!! 

 

 

記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして見てね http://unpy72636.wp-x.jp/2018/10/01/1274/


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

脂肪の一種、褐色脂肪細胞が痩せるのに効果があるってホントに??? [脂肪燃焼]

脂肪の一種、褐色脂肪細胞が痩せるのに効果があるってホントに???
脂肪蓄積.jpg

脂肪を燃やす脂肪!?
〝脂肪の減少〟が太る原因になるって一体どういう事なの!?

今の梅雨が終れば
その後はお天道様もガンガン放熱する真夏がやって来て
肌の露出が増える季節になるよね。

水着姿は勿論
普段でも薄着は当たり前の季節…
自分の揺れる脂肪が気になる方も多いのでは?!
おっと余計なお節介だって言われそうね。
テレビをつければ
やれ痩せるお茶
スマホを開けば
やれ脂肪を落とせるサプリ!

猛追して来るコマーシャル宜しく
皮下脂肪
内臓脂肪を落とせば痩せる
と言うのが一般的に理解されている症状だけど…
皮下脂肪
内臓脂肪
に付いては過去に何度お記事にしたけど
褐色?茶色っぽいのかしら??

しかも
どうやら加齢と共に減少する細胞らしい…
でも
活性化して復活させられるらしい…!
気になるーー!
てんで調べて見たのね。

褐色脂肪細胞を刺激して効率的に痩せる!
ホントに???

一般的に
体脂肪は「白色脂肪細胞」を指し
牛肉や豚肉に見られるあの白い脂肪の塊と同じ様な物ね。
脂質の貯蔵庫として機能しているもので
全身に渡って分布されていて
特に
下腹
下腹.jpg
お尻
お尻無題.jpg
太もも
太もも.jpg
背 中
背中.jpg
上腕部
上腕.jpg
内臓の回り
皮下脂肪.jpg
等に多く存在しているのね。

食べた物の余分なカロリーが白色脂肪細胞に蓄積され
身体に必要なカロリーが不足すると
貯蓄脂肪からエネルギー源として消費されるのね。

痩せるのは
この蓄積脂肪をエネルギーとして燃焼させるのが
唯一の方法なのよ。
脂肪を燃焼させる為には・・・
なんたって運動が一番で
運動する為、生活する為のエネルギー源として
脂肪は不可欠なのは分かるけど・・・

脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」って何よ?
褐色脂肪細胞.jpg
体内には
この白色脂肪細胞に溜め込まれた脂肪を
燃やしてくれる褐色脂肪細胞と言うのが存在していて
誕生時には100gほどあったものが
大人になると半分以下に減ってしまい
減ったら増える事はしないのね。
白色脂肪細胞が全身にあるのに対して
この褐色脂肪細胞は
首周り
脇の下
肩甲骨の周り
腎臓
等存在場所は限定され
体内のエネルギーを熱に変え体温を保つ働きがあるの。
脂肪細胞の種類.PNG
脂肪を燃やすには
脳からの命令で
交感神経末端から
ノルアドレナリンが分泌される必要があれ
その分泌よって脂肪がまず分解され
分解後にエネルギーとして消費されるのね。

このノルアドレナリンが分泌される為に
最も効果的なのが運動なんだけど
脂肪の過剰摂取で
ノルアドレナリンが分泌される機会が少なければ
脂肪は蓄積されていき
蓄積過ぎると肥満となる訳ね。
ところが
運動もせず
絶食したまま
ただ長い間
眠り続けているのに脂肪を燃焼する事ができる動物がいるのを
あなたも知ってるでしょ。
北極熊.PNG動物冬眠.PNG

北極熊
月の輪熊
リス

蝙蝠


等の
冬眠する動物ね。
人間は冬眠はしないけど
赤ちゃんは一日の大半を寝ているので
冬眠する動物とちょっと似ているとも言えるよね。
では
冬眠動物や
乳児が生きる為のエネルギーをどの様にして
生み出しているのか?

寝たっきりで
どうやってエネルギー熱を生成させているのか?
という疑問に対する答えが「褐色脂肪細胞の存在」なのね。
冬眠動物って
ご飯も食べず
水も飲まないのに
なんで死なないの?という
子供の頃に誰もが持った疑問でしょ。

アルプス山脈に生息する
アルプスマーモットは地面を掘る事が得意で
1年の内9か月を自作の巣穴で冬眠して過ごすのね。
アルプスマーモット.PNG
夏が終わりに差しかかると
冬眠用の寝床に使用する古い茎を巣穴に集め
気温の高い日は食事抜き?

朝と午後に食事をしに巣穴から出てくるのは
外気の高熱に上手く適応できない為で
気温の高い日には
全く食べられないという状態なのね。
適度な天気の日には
長い冬眠期間を生き抜く事が出来る様
大量の食糧を消費して体に脂肪の層を蓄えて冬に備える訳。

これも
その背中にある筋肉でもあり又脂肪でもあるとされた
褐色脂肪細胞がそれを可能にしてるのね。
褐色脂肪細胞は
ミトコンドリアを非常に沢山含んでいる為
褐色に見えると同時に
エネルギーを利用して熱を作り出す細胞で
白色脂肪と違って
ノルアドレナリンの刺激によって熱を生み出し
それも
なんと筋肉の何十倍もの熱を作れるのよ。

なので
褐色脂肪細胞を上手く利用すれば
簡単に痩せられるんじゃないの?
と誰もが考えるけれども
如何んせん
この褐色脂肪は
赤ちゃんには豊富にあるのに
加齢と共に減少して行くだけで増えないので
楽してダイエットしたいと考える年齢の頃には
有効活用出来る褐色脂肪細胞は
微量しか残っていなくて
それを刺激して痩せる
と言う事自体がナンセンスなのよ。
一言で言えば
体温が低下すれば体は機能しなくなり
死に至る事は衆知の事実でしょ。

その体温を調節する機能なのね。
例えば
極寒の中遭難した場合
生命を維持する為に
褐色脂肪細胞は活発に機能するのは
体温が下がるのを防止する為なのね。
上述した様に
冬眠動物が多く持っているのはこのためなのね。
褐色脂肪細胞は新生児の体重の数%も占めているのよ!
最後に言及するけど
googleやyahoo検索で
「 褐色脂肪細胞 肩甲骨ダイエット」等の
キーワードで検索すると
下の画像の様にズラッとその効果があると謳われた
サイトが出てくるけど・・・
肩甲骨ダイエット.PNG

上述した様に
褐色脂肪細胞の主たる機能は
体温維持なのね。
褐色脂肪細胞の量.PNG
上の画像に有る様に
褐色脂肪細胞の内臓量は
男性は43歳を過ぎるとほぼ空っぽ
女性でも三分の一しか残っていないのよ。 

こんな状態で
褐色脂肪細胞を使って痩せる
なんてーのは
神頼みに近いっと言う事が分かるでしょ。

スリムな体作りには
バランスの摂れた食事と
適度の運動を継続する事が
ダイエットの王道なのね。
猫挨拶.png

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

食後の糖質が小腸で吸収されるのを抑制し(脂肪蓄積の防止)大腸で善玉菌の餌になって腸内環境を整えるサラシノールとは? [脂肪燃焼]

食後の糖質が小腸で吸収されるのを抑制し(脂肪蓄積の防止)
大腸で善玉菌の餌になって腸内環境を整えるサラシノールとは?

サラシノールの抑制機能.PNG



「糖質オフビール」
「糖質制限ダイエット」
等,最近「糖質オフ」が注目されている様ね。


簡単に体重が落ちる!と聞くけど
中には体調を崩してしまう人も。
糖質制限って健康に良いの悪いの?


小学校でミトコンドリアって習ったでしょう・・・覚えてる?
実は細胞の中のミトコンドリアが
脂肪をエネルギーに変えてくれるため
糖質を制限すると
ミトコンドリアが糖質の代わりに
脂肪を燃焼させるので
脂肪が減少して自然と痩せていくのね。


でも
体重が減るからと安易に糖質を制限し過ぎてしまうと
あっという間に筋肉までもが落ちてしまい
体調不良になる可能性が高いのね。


なので
糖質を減らした分はタンパク質や脂質で補い
必要カロリーは確保しなければ大変な事に・・・。


食物に含まれる栄養から最初にエネルギーとして使われるものが
“炭水化物(糖質)”なのよ。

炭水化物は腸管で消化分解されて“ブドウ糖”となり
血液に送られ全身の細胞に届けられ事は
これまでに何度も説明したでしょ。



炭水化物の次にエネルギーとして使われるものが
“たんぱく質”で
たんぱく質がエネルギーとして使われるのは
体内のエネルギーが枯渇した時に
たんぱく質がブドウ糖となり
エネルギーとして使われるのね。

炭水化物/たんぱく質
↓  ↓  ↓  ↓
  ブドウ糖 
↓  ↓  ↓  ↓
エネルギー

しかし
この「糖質」は悪影響ばかりでもなく
時には「腸内環境を整える働き」をするのもあって、
やたらめったら糖質制限をするのは
必ずしも健康的とは言えないのね。



体調を健康的に維持するには
「適度な運動」
「バランスのよい食生活」
が大事なのは言うまでもない事ではあるけど
今回は
どんなに忙しくても続けられる習慣として
「オススメの方法」があるのね。




「糖質」は「炭水化物」の一種で
ケーキやお菓子の様な
「甘いもの」だけではなく
一般家庭の食事のご飯やパンと言った主食にも多く含まれているは
衆知の事実でしょ。



ただ
どれだけ含まれているか無知な穂とが多く
その為思っている以上に糖質を摂り過ぎている人が多いのよ…。
摂り過ぎた糖質は中性脂肪として蓄積され
肥満や生活習慣病の原因になると言われているでしょ。



角砂糖.png
※出典:health & Bauty
画像の様に
角砂糖の数で見ると
え!こんなにたくさんの角砂糖を・・・・
ってギョツってするわね。


とは言うものの
この「糖」
必ずしも悪い役割だけを受け持っている訳ではなく
実は糖の中には
善玉菌のエサとなって腸内の環境を整えてくれる物もあるのね。


参考厚生省e-ヘルスネット.PNG

参考:厚生労働省 e-ヘルスネット


つまり

糖の吸収を抑えながら
同時に
腸内環境も整備出来れば
一挙両得じゃん。


そこで今
「糖の吸収を抑える」+ 「腸内環境も整備する」
の2つにアプローチできる
「サラシノール」という成分が注目されているのよ。


おねータレントの
ミッツマングローブが群生している(?)
亜熱帯地域に自生する「サラシア」という
天然の植物に含まれている成分で
5,000年も前から健康維持に役立てられて来てるそうね。



サラシノールの力「糖の吸収を抑える」
糖は通常
「小腸」で細分解され吸収されるけど
サラシノールは
糖が小腸で分解されるのを抑え
吸収され難くしてくれる事が
実際に行ったテストでも
「サラシノールを摂ったグループ」は
「摂らなかったグループ」よりも
「食後30分後の血糖値が低くなった」
という実証データがあり分っているのね。



サラシノールの力「腸内環境を整える」
さらに
サラシノールによって
「腸内のビフィズス菌割合が約5倍になった」
と言うデータも実証されて
これは
小腸で吸収されなかった糖が大腸に移動し
ビフィズス菌のエサとなっているのね。


このサラシノールを
独自技術で高濃度かつ安定的に供給出来る
話題の機能性表示食品「メタバリアS」を
あの富士フイルムが独自技術で開発したの。


この「メタバリアS」が
「糖の吸収を抑え」
「お腹のビフィズス菌を増やして腸内環境を整える」
という機能が届出受理されている機能性表示食品なのよ。
消費者庁に提出している「届出表示」もきちんと記載されているのね♪



すでに売上No.1、累計500万個を突破するほどの人気ぶり。

そんな「メタバリアS」、
なんと約14日分のトライアルパックが500円(税抜)送料無料で試す事が可能!


500円.png画像




1日約39円なら
糖質オフのビール
お茶
発酵食品
を買うよりも
ずっと手軽よねね。
機能性も届出済ですし、ぜひチェックしてみてはいかが



>>詳細はこちら [→] https://tinyurl.com/y7sabybv

f:id:unpy72636:20180429220830p:plain


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

体内の余計なお肉、脂肪細胞を燃やすには? [脂肪燃焼]

体内の余計なお肉、脂肪細胞を燃やすには?

 
 

体の余分なお肉=脂肪、という概念は
あなたもお持ちでしょう。

 
 

体のお荷物(余分なお肉)の脂肪は

「白色脂肪細胞」と
「褐色脂肪細胞」の
二種類が脂肪細胞にはあって、
それぞれ違う働きを担っているのね。

 
 

合成脂肪.jpg

 
 
 

一度出来たら削除し難いのが白色脂肪細胞で
通常「脂肪」として認識されているものね。

 
 

この白色脂肪細胞は、
体内で消費しきれずに余ったエネルギーを
中性脂肪として脂肪細胞に蓄える働きがあり
所謂
脂肪太りの原因となる細胞で
皮下や内臓の周囲に多く寄生して居るのね。

 
 

元々は
思春期の終わりまでに一生分の脂肪細胞の量が
設定されると考えられていた様だけど
更なる研究の結果
思春期が終っても脂肪が体内に満杯になれば、
新たに細胞を増殖して
脂肪を取り入れる事が分かって来たのよ。

 
 
 

なので
この白色脂肪細胞が肥満の犯人と言う訳ね。

 

それに対して
褐色脂肪細胞と言うのは
太る原因の脂肪を減少させる驚異的な機能があり
脂肪細胞なのに
その脂肪を燃やしてエネルギーを消費する事が
期待されている脂肪ね。

 
 

白色が有害脂肪で
褐色は有益脂肪って訳ね。

 

成人では
首回り
肩甲骨付近
腎臓の周り
胸部大動脈周辺に
少量存在しているだけなのね。

 
 
 

白色脂肪細胞と同じ脂肪なのに
なぜ褐色なの?

 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アッフィリエイトビジネスの
基本を教わった
ショッピンのメンター
七海志歩先生を
紹介するね。

元歯科衛生士の女性が
独立後わずか1年で月収1000万円稼いだ秘密

◆はじめに
2008年の3月31日
私はリストラされました。

当時私が歯科衛生士として勤めていた
東京の歯医者さんで
自主退職を求められたのです。
当時
私は23歳でした
社会に出てまだ2年目です。

国家資格である歯科衛生士の資格もとって
専門学校で研修もしっかり受けて
初めての就職をして・・・
やっと生活の基盤も安定し
新しい趣味でも探して人生楽しむぞ!
と思っていた矢先の事でした。

その時に私は初めて気付きました。
会社に勤める=安定、ではないと言う事を。

私の中学校の時の先生は
「将来いい会社に入る為に
今は一杯勉強しなさい」
と言いました。

私の母親も、
「いい会社に入れば
一杯給料が貰える」
と言いました。

私の父親も、会社に勤めています。
私の3つ上の従妹のお兄さんも
会社に就職しました。

ですので
私は、
将来は会社に就職して
お給料を貰うのが当たり前だと思っていました
それが将来生きていくのに一番いい方法だから
みんなそうしているのだろうと思っていました。

ですが
社会に出た私は
たった2年で、収入が途絶えてしまったのです。

続きは
以下の動画で見て見て・・・
http://saitokazuya.net/ad/1723/470526

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
脂肪燃焼 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。