So-net無料ブログ作成

EDでエッチ不調になるのはインスリンの機能低下による!? [ED]

EDでエッチ不調になるのはインスリンの機能低下による!?
インスリン(ホルモンの一種)は
過重労働では機能が低下して
その結果エッチの際にはEDに成っちゃう恐れありね。

ショッピンが糖尿にを患った際に
最も影響を受けたのがエッチの際のEDだったのね。

生活習慣病により糖尿病に罹(かか)ると
インスリンと言う膵臓から出るホルモンが
血中の血糖量を調整する為の重労働を課せられちゃうのね。

自動車がガソリンを燃料にして動く様に
人体は血中のブドウ糖を燃料にして活動しているので
このブドウ糖は
ごはんやパンなどの炭水化物
芋類やお菓子などの糖分に含まれている物なのね。

食事から摂ったブドウ糖が血液によって全身に運ばれる事で
それがエネルギーに生成されて
脳や筋肉、内臓が機能して生命が維持されているのよね。

この血液中のブドウ糖(血糖)は
食事をすると増え、
2時間程でピークに達して
その後は徐々に減少していくのね。
血糖の量は
食事以外にも
様々な原因によって変動し
健康な人の体内では変動する血糖が
インスリンというホルモンの活躍によって
上手にコントロールされ
絶えず一定の量で維持されているの。

インスリンは
すい臓のランゲルハンス島という組織にある
β(ベータ)細胞で生成され
食事によって血糖値が上がる(血糖の量が増える)と
すい臓のβ細胞がこの動きを素早くキャッチして
直ぐにインスリンを出動させるのね。

火災が起きると消防車が直ちに出動して
消化に努めるのと同じ様なものね。
正常インスリン.jpg
合成ED.jpg

血糖が全身の臓器に配達されると
インスリンの働きによって
臓器は血糖を取り込んで
エネルギーとして利用したり
備蓄したり

タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりするのに使われるのね。

この様にして
食後に増加した血糖はインスリンによって
速やかに処理されて一定の量に保持される訳よ。

血糖値が低くなれば
分泌される量も自動的に減るのね。

血中の血糖値の調節バルブみたいなものよね。

ショッピンの罹った糖尿病は

記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
ビュティー&ヘルシーライフライフの為のまとめサイト

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。